FC2ブログ



次女庭へようこそ~*



次女が剪定した木立バラを

ご紹介したいと思います。



剪定したのは

わかなと

スウィートジュリエットです。

この二人はとある理由から

鉢植えで育てられています。




まず

わかなから。


qf.jpg


剪定前




qf1.jpg


剪定後



春のバラシーズンが終わってから

お迎えしたバラで

春の画像はありません。


rz5.jpg


しかし秋には

こんなに素晴らしいお花を

咲かせました~*






わかなはボーリングしやすい

とのことですが

秋バラはすんなり咲いてくれました。

それも美しく。



わかな 美しいバラ 

ボーリングしないで開花しました♪

ボーリング対策は

ゴミ袋をすっぽり被せるに落ち着く♪





次女がわかなを鉢で育てているのは

ボーリング対策をしやすくする為です。



バラのボーリング対策の記事




次にスウィートジュリエットの剪定です。


qf3.jpg


剪定前




qf8.jpg


剪定後


葉を残しているのは

少しでも光合成をさせようと

思ってのことだと思います。


しばらくしたら葉をむしると思います。



スウィートジュリエットは鉢増し後

調子を崩し

次女の面倒見の甲斐もあって

ここまで調子を戻しました。



ですが用心の為

弱剪定にしたとのことです。



スウィートジュリエットは

バラの家からお迎えした子ではなく

別のナーセリーからお迎えした子です。



スウィート ジュリエット

根腐れから復活!?

お久しぶりです次女です。




ih.jpg


5月30日


スウィートジュリエットの

春バラです。


コロンとして可愛らしい~*



ih3.jpg


6月3日に咲いたお花です。


やわらかい天使のような

花びらと頬を染めたような色は

夢見る世界の子のようです~*



ですがスウィートジュリエットは

花持ちが悪く

開花から

1~2、3日で散ってしまう

はかない子。



イングリッシュローズは

花持ちが普通の子と

悪い子がいますよね、っていうか

悪すぎて「あ~・・・」っていう子が

結構いてその辺のバランスも

考慮に入れたくなるような。



でも次女もロゼも

これだけ可愛いならと

そこは度返しで

気に入っています。



で、スウィートジュリエットが

鉢植えされている理由は

調子を崩して復活中の為です。



qf2.jpg


チューリップ アンジェリケの芽が

少しずつ大きくなっています。

だんだん大きくなる芽を見るのって

楽しいですよね♪





qf5.jpg


次女がオステオスペルマムを

買いました。

この目玉が可愛いですよね♪




qf7.jpg


ロゼ庭のオステオスペルマムは

オステオスペルマム

ダブルシルバーといって

次女が買ったのとは

品種が違いますが

同じオステオスペルマム。






qf6.jpg


可愛くて

勢力を拡大している

丈夫な様子を見て

買いたい思ったとのこと。




剪定しなきゃと思いつつも

ここが気に入ったのか

一年中咲いてるし

次の蕾も30個くらい

常に上がってきてるので

強欲なロゼは剪定のタイミングを

完全に失っています。



でも6月と10月が剪定時期なんです。

\(◎o◎)/


鹿児島は暖地だから

今でもちょっと剪定しておけば

大丈夫かも。

と全く根拠のない論を述べているロゼ。



とにかく剪定します。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪



























関連記事
スポンサーサイト



2018.01.15 / Top↑