FC2ブログ





ロゼ庭へようこそ~*



x3756.jpg


セリーヌフォレスティエが

アプリコットで可愛く咲きました♪


こんなに可愛い子が咲いてくれると

嬉しいです



少しずつお花も大きくなって

いってます

この子は小さめの中輪くらい

あります


x3754.jpg


正面からのお顔も

可愛いです



蕾が美しくて

蕾だけでも素敵に鑑賞できますよね



お花と蕾が一緒になってると

ほんとに素敵


x3757.jpg


春のセリーヌフォレスティエは

珍しく薄いピンクがのりました



いつもの春は薄いレモン色です

春以降は薄いピンクやアプリコットが

のって色んなお花を楽しんでいます



x3752.jpg


ブルーミルフィーユが咲きました


ブルーじゃなくてブルーっぽい

ピンクです



苗ではありません

切り花です



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【生花】バラ ブルーミルフィーユ(ピンク紫)[10本]
価格:2200円(税込、送料別) (2019/10/19時点)





バラの予約大苗を注文しました


お花を買い漁ってるうちに

バラを買うパターンを

毎年繰り返してるって

ブログでも書きましたが

予言通りの結果になりましたぁ~(笑)



欲しいバラがあるって書いてましたが

注文したのは結局その通りで

パシュミナとソンブロイユでした



2品種とも情報収集にかなり

年数も時間もかけていましたが

今回予約することは未定でした



パシュミナは

コロコロしたピンクの子で

シュラブでコンパクト

花持ちが良く花付きも良い



何と言っても

黒点病、うどん粉病に強い

四季咲きっていうのも

一季咲きの多いロゼ庭では

貴重



微香だけど香りは

他のバラにお任せしよっと



遅咲きなので

遅咲き組の近くに

将来は可愛い鉢に入れて

置きたいなと思って妄想しています



この妄想タイムは夢見る時間で

いいですよねぇ~(^^)


つぼみ付き 中苗




予約大苗





ソンブロイユは

オールドローズの白花として

有名ですね



クリーミーホワイトってあって

色んなバラブログさんの

画像を見ると

オフホワイトな雰囲気の白花で

咲いている春のお花も

ネット散見しました



どちらも素敵な花色



クシュクシュ咲く

エレガントなつるバラです



つるバラで繰り返し咲いてくれるのも

嬉しいなぁ~



香りは中香でティーの香り

ティーの香りは好きなの



耐病性は

黒点病にもうどん粉病にも

強いみたい



樹高が2mってあって

ロゼ庭にはちょうど

いいかなと思うけど

それより大きくなってる方も

時々見かけます



でも許容範囲でいいかなと

思っています

そんなに大きくなるまで

上手く育てられたらの話だし



ただボーリングが多いとの

情報多し

ボーリングは雨や寒さに影響される

ようだけど

ボーリングが少ない方もいるので

寒肥をしないで

開花前の施肥もなしの

肥料調整で

ある程度のボーリング防止が

出来ればいいなと思っています



あとは開花前に雨が降らないように

祈るだけ



ボーリングの肥料調整については

開花後のお礼肥から始まって

休眠期までしっかり施肥して

苗を育て肥料に関しては

そうやって調整していくつもりです



白バラによくある雨による

花傷みもちょっとあるようで

こちらも雨が開花中に

なるべく降らないように祈るのみ



ガゼボのスノーグースを

バラで使用をしないよう

注意喚起されてる

トリフミン乳剤で知ってて

薬害に遭わせてしまって

別の場所に植えようと

考えていたソンブロイユを

ガゼボに誘引したいと思っています


中苗




予約大苗





薬害でもろに影響を受けた

スノーグースは状態が2本とも

悪いので冬に鉢上げして

養生したいと思っています



情報は参考程度にどうぞです

まだ育てたことがないので

様々なバラブログさんで

収集した情報です


レポは育てながらしますね


1箱に4苗入るので

よく考えてみましたが

今年の冬にたくさんのバラを

お迎えしたので

その子たちのうちで

鉢植えで育ててた子が

植え頃になってるので

地植えしないといけないし



とにかく庭の草廃墟とか

どうにかしたいので

今回は2本でということに

しました



ほんとにそれで

乗り切れるのでしょうか?(笑)


追加で欲しくなって

あ~送料がもったいなかったぁ

てことに

ならなきゃいいんですけど・・・(汗)


で廃墟の草ですよぉ~


x3751.jpg


ブルボンクィーンと群星2号が

植わっている場所の草廃墟です



x3760.jpg


草取りしました~


また廃墟が減りました

廃墟が減るたびホッとします



まだ落ち葉が少し残っていますが

OK!


上の方に見える

ジギタリスは植えて一年目に

咲かないジギタリスでした

ジギタリスには苗を植えてから

開花まで2年かかる品種があって

次の春やっと開花予定

好きなジギタリスだから

待ち遠しいわ


x3771.jpg


ちなみに今年の冬に移植した

群星2号ですが

テッポウムシ対策で深植えしました


深えするしないについては

見解が分かれるようですが

今年の冬にナーセリー(小さな森)から

イングリッシュローズを購入した時

小さな森の説明では

深植えでということでしたので

ナーセリーの指導通り

深植えにしたところ

良好な結果が得られました



その時、時を同じくして

移植した群星2号も

同じように深植えに挑戦してみました



テッポウムシで株元のクラウンを

やられるより

枝に入られる方がましですもの



こちらは元気な

ベイサルシュートが出ました


画像の右側の若い緑色の枝です



お花はこれまたトリフミン乳剤で

薬害にしてしまったので

咲きませんでした


x3772.jpg


群星1号のお花です


つぼみの先端がほのかな赤で

純白の花

その対比が可愛らしい

ブーケのようなお花です


トゲがなく枝は柔らかく

誘引しやすい枝で

早咲きですが花期が長く

白バラだけど花傷みの少ない

嬉しい品種です






深植えして良好な結果が

得られた一例を

ご紹介しますね


オリビアローズオースチンです


x3773.jpg


初めてロゼ庭で開花した

深植えの

オリビアローズ オースチン



春は中大輪で可愛らしく咲きました


x3774.jpg


真夏にソフトピンクで

花びらの多いお花を

咲かせました

中輪です


x3775.jpg


正面から


かわゆいです~*


こういったお花を真夏に

いくつも咲かせてくれて

満足しています



x3776.jpg

今朝のオリビアローズ オースチン

鉢植えの全体像です


今年の冬に予約大苗で

お迎えして大きく成長しました



x3777.jpg

赤い線の枝がベーサルシュート



鉢植えバージョンでは

ベーサルシュートが3本

サイドシュートも5本出て

深植えで良好な結果が

得られたと思っています



地植えはベーサルシュート2本

サイドシュート3本で

お花も綺麗なお花が咲きました

大きさも中大輪です



これだけの結果が得られれば

テッポウムシで株元(クラウン)を

やられるリスクが回避できるし

深植えがいいなと

いまのところ思っています



深植え、深植えでないのは

それぞれの育て方があるので

特に推奨している

わけではありません


情報の共有の為に

レポを公開しました



オリビアローズ オースチンに

関しては

耐病性が抜群で

ロゼ庭では最強です



間隔の空いた

薬剤散布はしていますが

うどん粉病にも黒点病にも

強いと思います



オリビアローズ オースチンは

早咲きの方だと思います



ロゼは小さな森で裸苗を

予約大苗で購入しました



地植えより10号鉢に

植え付けた方がより生育が

良いですが

地植えでも満足な結果です


エンドレス剪定をしているので

いまは開花がまだまだな

蕾が付いています


こちらはバラの家です↓





やっぱりバラを注文したかの

予測通りの結果で

うふふ~な照れなロゼです


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村

こちらもお願いします


薔薇(バラ)ランキング

応援ありがとうございます。
























x2749.jpg
楽天room ロゼのおすすめ色々






関連記事
スポンサーサイト



2019.10.20 / Top↑