FC2ブログ



こんばんは♪


今日は日本園芸協会のシルバーメダルを2年連続で

獲得されたり

主婦の友社『園芸ガイド』「ガーデニングコンテスト2014」で

準グランプリを受賞されたり

その他数々の有名なコンテストで

優秀な成績を収められて

近頃は「dinos ガーデンスタイリング 」で

ブログ記事を書かれるなど活躍されている

ひでさんの息子さんのご卒業の記事に

とても共感し胸が熱くなり

私の次女の卒業式を思い出し

その時のことを書きたくなりましたので

そのことを書きたいと思います。



 ひでさんのバラとお花のお庭  

とても素敵なので

こちらも是非、ご覧になってください。

ひでさんのブログ名は

 「Change My Garden」 です。




ひでさんの息子さんのご卒業に寄せて

ひでさんが書かれた記事です。

リンクを貼っています。




今日は息子の高校卒業式でした。 





ひでさんの記事で特にこの文章が私の心に

残りました。



ひでさんの記事からの引用~



校舎の壁に、卒業祝いの書が掲げられていました。

書で有名なK先生によるものだと思います。

『 和顔愛語 言葉は心の花 』、と書いてありました。

『花』という文字に目が留まりました。

帰宅して調べましたら、

『和顔愛語(わがんあいご)』とは、

和やかな笑顔と思いやりのある話し方で

人に接するという意味だそうです。

この言葉は、さらにこう続くそうです。

『先意承問(せんいじょうもん)』

これは、相手の気持ちを先に察して、

その望みを受け取り、

自分が満たしてあげるという意味だそうです。

つまり、『和顔愛語、先意承問』とは、

和やかな顔と思いやりの言葉で人に接して、

相手の気持ちをいたわり、

先に相手の気持ちを察して、

相手のために何ができるか

自分自身に問いただす、ということだそうです。

いい言葉だなぁと思いました。


~引用終わり。


この言葉、私がもう何も感想を書くまでもないくらい

素晴らしい言葉ですね。

やさしさに満ち満ちあふれています。

自分も教訓にしたいです。


そしてひでさんの文章からは

息子さんへの愛情がとても伝わってきて

心に響きました。





そして我が家(ロゼ)の次女は今東京で働いています。

その次女が学校を卒業する時

先生からこのような言葉がありました。


「進学する人も社会へ出る人もいますが

進学する人もいずれ社会へ出ます。

社会に出ると

つらい事もいっぱいあると思います。

だが死ぬのだけは絶対やめて欲しい。

どうしても死にたくなったら

その前に絶対先生に電話をしてください。

これが先生からのただひとつのお願いです。」


先生の卒業生に対する言葉は

短い挨拶の他に

この言葉しかありませんでした。

この言葉が今でも私の胸の中にあります。

短く先生が何よりも思っていることを

話されたのだと思います。



進学する子どもたち、社会に出る子どもたち

良い人生を歩んでください。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ
















関連記事
スポンサーサイト



2016.03.08 / Top↑
TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/375-2396a838