FC2ブログ




デルバール社のペッシュボンボン、

ガゼボにいるつる扱いしてる子を

剪定して誘引しました。



大輪でお菓子のように可愛い子だけど

ガゼボにいる子は枝がとても太くて硬いんです。


それでおさぼりしてガゼボに委ねるように

蛇行もせず斜めにもせずという感じで

今まで誘引してきました。



昨年の花付きの様子です。


pesyu001.jpeg


大輪でメチャ可愛いし四季を通してよく咲いてくれるものですから

それで満足してたんですけど

そろそろ花付きにも本腰をいれなければいけないかなって

思いまして今年は強引に(笑)斜めにしたり

蛇行させたりしました。


枝を斜めにしたり蛇行させたりすれば

花つきはよくなりますから^^




追記 普通はこれで花つきが良くなりますが

良くなりませんでした。

その後、花つきの良くなる方法を2015年8月8日の記事で

書いていますのでよろしかったら

そちらを参考にしてくださいね。



gaze1.jpeg



枝が太くて硬いもんだから

これでもすごく頑張りました。

これ以上したら枝が折れそうな雰囲気\((;◎_◎)/




今までの誘引はほぼ真っ直ぐガゼボに沿う感じだったんで

随分違います。


あっ、画像の奥の方が垣根を抜くのに大工事中なんで

鉢を非難させていてちょっとボロボロです^^

垣根を抜いてそこにバラが増えていく~~~(笑)



剪定は今までと変わっていないです。

基本形通りにしました。



バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。





ペッシュボンボンは大輪で太い枝ですので

鉛筆以上の枝を残してカットしました。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




自己責任でお願いしますね。



ガゼボに誘引しているペッボンボンです。

以前のペッシュボンボンの記事でも

ご紹介しているお花ばかりです。



まるでお菓子やキャンディーみたいにかわゆいバラ(*^ ・^)ノ⌒☆ 



花径10cmを越える大輪で咲きます。


peFC2.jpeg



樹高は通常1m80cm。

我が家のこの子は2m20cmくらいです。


peFC3.jpeg




開花しかけの頃、雨のしずくで綺麗ですね~*


peFC4.jpeg




まるで甘いキャンディーのようですね。


peFC5.jpeg




花びらにきざみが入ることが多くてかわゆい~*


peFC6.jpeg




玄関横にこの子がいるガゼボがあります。


peFC7.jpeg




ペッシュボンボンの画像を整理していたら

偶然、マダム ピエール オジェが入った画像がありました。

一番奥の白のラティスにいる子です。

マダム ピエールは早咲きなのでもう終わりかけです。


peFC9.jpeg



ガゼボの中に白のアイアンテーブルを置いています。

この頃はテーブルの上には寄せ植えしたお花などを乗せていました。

ガゼボの内側に咲いているペッシュボンボンを撮りたくて撮影しました。

内側(裏側)ですから花はそんなにありません。

右側にあるのがペッシュボンボンです。


peFC10.jpeg







外側はこんな感じで咲きます。

こちら側がメインです。

こちら側に誘引していますから。


peFC04.jpeg




ピコで咲く子もいるんです。


peFC03.jpeg






peFC8.jpeg




四季を通して可愛い花をよく咲かせます。



peFC02.jpeg







pesyu01.jpeg







pesyu001.jpeg




かわゆいですね~*


peFC1.jpeg




バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

我が家には3本あります。

そのうちの1本はガゼボに誘引している為

わざと大きくしました。

2m20cmで調整。


残りは普通の木立で育てています。



樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もち良いです。


丈夫で育てやすいと思います。



コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。

ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*








~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 









関連記事
スポンサーサイト



2015.02.12 / Top↑
TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/514-4449d4dc