FC2ブログ



今日はバラの追肥のやり方について

書いてみたいと思います。




今回は花ごころを使いました。




地植え1本につき100gですが

株の大きさで量は調整してくださいとあります。



3月1日に施肥しています。



hanagokoro4.jpeg






花ごころの成分です。

チッソ: 6

リンサン: 8

カリ: 5



hanagokoro5.jpeg






地植えは100g 二握りとちょっとです。

鉢植えは7号鉢で20g 半握りです。



hanagokoro6.jpeg






株元から2~3cmの場所に

置き肥をしたり軽く埋め込みます。


埋め込んだ方が効果があります。


hanagokoro7.jpeg





ばら撒きました。

埋め込んでません。

モデルはビエドゥーです。←モデル名は必要ないですよね(笑)

灰色のペレット状で目立ちません。


hanagokoro8.jpeg



なんか裏の説明書きを説明して

撒いた様子の画像をアップしただけみたいですけど^^





水撒きや(私は今の時期は鉢植えしか水撒きしませんが)

雨水で7日~10日くらいでジワッと地面に浸透して

効いてくるそうです。



肥料当たりも少ないそうです。





追肥は3月~6月と9月~12月に月1回の割合ですると

ありますが

私は3月~6月と9月、10月の月1回にしています。

今年から11月に1回追加するつもりです。


hanagokoro9.jpeg





最初なので気合が入りましたが

来月から経済的理由で普通の骨粉入り油粕にします^^





すでにご紹介済みですがモデルのご紹介です。

ただ追肥をばら撒かれただけですけど(笑)


デルバール作のビエドゥーです♪


bieFC1.jpeg


薄いピンクとオフホワイトの絞りがとても素敵~*

絞りがやさしくとても可愛いです。



絞りがやさしい色合いなので近くで見ないと

わからないです。






結構前ですが寄せ植えしました。


またお花屋さんのマネをして

ダークな感じでしてみました(*^ ・^)ノ⌒☆ 




yoseuakamurasaki.jpeg



・前に垂れている左の班入り葉の小さな花 ポリゴナム

・後ろにワイヤースター 

・パンジー左側 ムーランフリル キャンティールージュ

・濃い赤紫のパンジーが右前と中心辺りに1株が広がっています。

・背のある濃いローズピンクはストック

・右の白っぽいのは花キャベツの一種






バラ ビエドゥー

作出:フランス デルバール

発表年:2012年

Shシュラブ

花色:ピンクにオフホワイトのストライプ

花形:カップ咲き

花径: 中輪(中大輪くらいの大きさはあると思うのですが)

樹高:1.7m

芳香の強さ:中香

開花性:繰り返し咲き 

樹勢:強い

強健

耐病性(黒点・うどん粉など) 強い

耐害虫性  普通

ボーリングすることはまずないです。



春の花は雨で花びらが若干汚れることがあります。

それ以外の季節はあまり汚れません。



蕾が大きくなってから雨に当たらなければ汚れないです。

汚れが気になる場合は雨の予報の前に

蕾やお花にビニール袋を被せると花汚れ対策になります。

ビニール袋は雨が上がったらできるだけ早くはずします。



それとは別に

鉢植え管理で雨に当てなければ汚れないと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)


お役に立てたら嬉しいです。





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。


お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村














~* 今回私が使った肥料 花ごころです *~







*~ ビエドゥーをお探しの方はこちらから ~*




















関連記事
スポンサーサイト



2015.03.12 / Top↑
TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/540-c0b13c75