FC2ブログ



今日はバラの寒肥の方法 その2を書きたいと思います。



土に打ち込むだけの肥料です。

寒肥用です。


有機イキイキパイル

バラ用です。





ネットで知ってネットで買いました。

ホームセンターではあまり販売がないようですが

この商品のお取引先はいくつかあるようです。

生産も打ち切ってしまっていて扱っている店舗と

生産元でしか扱っていません。


この一件で色々ネットで探していたら

似たような商品を見つけましたのでこの記事を書いて良かったかも。

一番下にその商品説明を書きますね。




私は昨年、生産元の東都興行(株)で買いましたが

今はカニガラとグアノしか在庫がないようです。

画像の3本セットはないようです。

生産、販売元のリンクを貼っておきますね。



東都興行(株)マルヒロ園芸事業部




他に扱っている店舗のリンクを貼っておきますね。

そこにはもしかして在庫があるかもしれないとのことでした。

私は↓の店舗でバラ苗は購入したことはありますが

パイルを購入したことがないので

在庫があるかどうかはわかりません。



那須ヒロガーデン


記事を書き上げてから生産打ち切り

在庫のみを知って記事をアップしようかどうか迷いましたが

生産元さんが鶏糞パイルもまだあるかもしれないし

ご購入の意思がおありになるのでしたら調べますとのことでしたし

那須ヒロガーデンさんや他のお取引先に在庫がある可能性があると

おっしゃったので掲載することにしました。


kanpiFC01.jpeg







なぜ、購入したかというと

寒肥しずらい込み入った奥の方にいるバラに

寒肥したいのですが手が届きにくかったりして

穴を掘るのが大変だったりした上

その手前にはラ マリエのような本来鉢植向きの

弱い子ちゃんを地植えにしちゃったりしてたもので

(地植えで順調に育っています^^)

そのラ マリエの根元を踏まないと

奥のバラに寒肥が出来ない状況などがあって

どうにかならないかなと思い色々探してみたんです。

そこの場所だけでなく奥の方にいて手が届きにくいというバラが

2つばかりありました。





1袋3本入りでネットでは1100円~1400円くらいで

販売されています。

わお~高い~!

昨日ご紹介した穴を掘る寒肥では総額2000円しか

かかっていません。

150本以上のバラがありますが

その内鉢植えバラもあるので

地植えバラの本数は数えたことがないですが

100本以上はあると思います。


1本につき1100円~1400円はお高いですよね。

しかし、背に腹は変えられぬで3つ買いました。

3本のバラはこれでいこうと。


kanpiFc02.jpeg








裏には成分が書いてあります。


kanpiFC03.jpeg







↓の画像は使い方です。

この寒肥をしたのはマダム ピエール オジェその他1本です。

本当はもう1本したかったのですが頑張って穴を掘って寒肥しました。

それで3本分購入した内、1本が余っていて画像に

載せられたということです。



マダム ピエール オジェの場合、

2本のパイルは簡単に打ち込めました。

トンカチでトントンと上から叩くだけです。

3本目が大変でした。

土が固くて半分までしか入りませんでした。

先の2本は土がホコホコしていて柔らかかったのでしょう。

3本目は根性で叩き入れました(笑)



2本までは前にいるラ マリエにも何の影響もなく出来るし

いいじゃん!って思いました。

が、3本目はしんどかったです。

しかし、きっと男性ならなんなくできたでしょう。


kanpiFC04.jpeg





では、この棒の寒肥をした結果の

今年の春のマダム ピエール オジェです。

いつもと同じです。



この子は早咲きで暇というか早く咲くと物珍しいですよね。

で、やったことなかったですけど蕾を数えてみましたら

150個くらいありました。

ご覧頂けるとほとんどのバラが咲いていないのがわかります。

で、マダム ピエール オジェの蕾を数えて遊んでたんです(笑)


madamupie-ruFC03.jpeg






花や蕾は画像に写っていない下の方の部分にも

またここは一日中日光が当たるので

画像の裏側にも花や蕾がついています。


マダム ピエール オジェは返り咲きなので

秋に数輪、返り咲くといわれていますが

我が家では1番花が終わった後

早く2番花が咲き始めます。

この子は通常2番花はほとんど咲かず多くても

20輪くらいまでと言われていますが

またまた、面白くて数を数えてみたら50輪くらい咲きました。

花びらは1番花に比べれば全然少ないですけど。

たくさん蕾を上げてくると楽しいです。


秋は2輪だけでした。


満開の写真がないです\((;◎_◎)/

私にはよくあることです。

1回撮ったら撮影したつもりになって満足して

満開時を撮っていない(笑)


↓の画像は今年の1番花の咲き始めの様子です。



madaFC1.jpeg





今年の春のマダム ピエール オジェです。


madamu-pie-ruFC01.jpeg





この子は花期が長いので上の画像の子とは

色が若干、違います。

↓の画像の方が先に咲いた子です。

早く咲く子はこの子の場合色が濃い目に出たりします。

薄い色の子もいます。

咲き始めですからまともに咲いていたり花が開きすぎたりとか

若干不安定ですね。

でも、この色、好きです。


madamupie-ruFC02.jpeg




お花の結果は有機イキイキパイルを使っても

昨日ご紹介した方法でも同じという結果でした。

あと、使った感じもご紹介したとおりです。



あとの2本は冬の間に移植して寒肥しやすいようにします。




生産終了、在庫のみで申し訳ありませんが

この方法がどなたかの参考になれば幸いです。



これに似たような商品のようです。

私は使用したことがありませんので

販売サイトの説明書きをご紹介します



説明書きは日本農業システムさんの

サイトから引用させて頂きました。



購入、使用された方がサイトでバラが綺麗に咲いたというような

感想を残していらっしゃいます。



土に打ち込むだけの肥料

商品名  グリーンパイル

■特長
公園・庭園・街路樹・ゴルフ場の樹木など、あらゆる場面で効果を発揮します。
打ち込むだけで効果がある、特殊な紙筒に入った肥料です。
打込む時期は年間を通じて、いつでも結構ですが、春と秋が最も効果的です。
スモールは低、中木用です。
移植したばかりの樹木や鉢植えの樹木には使えません。

■効果
○樹木が丈夫になる。
○樹木の葉の量が増え、葉の色が濃くなる。
○樹木の花の数が増え、花の色が鮮やかになる。
○樹勢が回復して果実も大きく育ちます。

■使い方
○樹枝の先端の下あたりに打ち込みます。
○添付してあるキャップを、グリーンパイルの頭に付け、
大きな木槌等で、打ち込みます。
○固い土や石の多い場所では、あらかじめ
鉄棒やアルミ穴あけ器、サンエーモーラーなどで
穴を作ってから打ち込んでください。
○芝内にある庭木の場合は、地表より3cmくらい
深く打ち込み土をかぶせる。

■標準使用量(1樹の年間使用本数)
幹周り2~3cm…1~2本
幹周り3~4cm…2~3本
幹周り5cm以上…3本以上

■規格
内径…2cm
長さ…25cm
重量…100g(1本当たり)

N-P-K=17-10-10




いつものように自己責任でお願いしますね。

また、咲いた花は寒肥の方法だけでなく

気候、生育環境などでも変わりますので

ご了承くださいね。




最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


~* 打ち込むだけの肥料  グリーンパイル *~


スモールと普通サイズ、両方があります。

お気をつけください。





~* 私が使っている堆肥、培養土 液肥などです *~










関連記事
スポンサーサイト



2014.12.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/72-e9fa630e