FC2ブログ


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


fufu7.jpeg


混色で可愛く咲いてくれました。

やっぱりペッシュボンボンは可愛い~*





以前春に咲いたペッシュボンボンです。


peFC8.jpeg


桃のお菓子という意味で命名されたとおり

お菓子のような可愛い子~*






スノーグース(イングリッシュローズ)の

夏花です。


fufu9.jpeg


ひっそり咲いてて

ほんとにお庭の妖精さんのような

透明感のあるスノーグース~*



今年春のお花です。



pon20.jpeg


日照が少ない場所にいるから

春もひっそり咲いてて妖精さんみたいでした。







カーディナル ドゥ リシュリュー と

ローズポンパドゥールとコラボしています。


an7.jpeg


一番下に見えます。

大人可愛いのコラボです~*




今年春のカーディナル ドゥ リシュリュー


gaf2.jpeg



大人なバラ~*






今年春のローズ ポンパドゥール (デルバール)


ro-zuf1.jpeg


大輪、ゴージャスで美しいバラ~*






ジェネラシオンジャルダン(デルバール)が

今日も元気に咲いています。


fufu.jpeg



朝陽を浴びて輝いてみえる

ジェネラシオン。




fufu1.jpeg


可愛い子が二人並んでて

嬉しいです~*




fufu3.jpeg


花びらの縁のフリルが可愛い~*





産経デジタルのイザで

なんと多肉の記事が

アクセスNO1なんです。



産経デジタルのイザの記事タイトルは



“日本産”人気すぎて盗難も…

不思議なカタチ「多肉植物」の世界





中でも「ハオルチア」という品種が

日本では4万円で売られてるけど

中国でオークションしたら

40万円で落札されたとのことで

中国でも人気で

ブームになってるらしいんですよね。





日本で4万円っていうのにも

びっくりしたけど

中国で40万円にもびっくりしました \(◎o◎)/




でもこの↓のハオルチアは

980円で販売されてるんです。

他のショップでも同じような価格です。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ハオルチア雫石 Haworthia.obtusa.cv.Truncata (育成苗)陶器鉢3号入り
価格:980円(税込、送料別) (2016/8/25時点)





産経デジタルのイザの記事によると

「ハオルチア」は、美しい葉を作るため

10年前後かけて品種改良しなければならない。

ということらしいです。



特別な品種改良されている品種が

高価なのかなぁ??

多肉界のことはわかりませんので

何ともいえないですけど。




多肉のことを追っていたわけではなくて

時事記事をサーフィンしていたら

偶然たどり着いたんです。





この記事を読んで思い出したのが

メイアン作のピースのことです。




ピース


pf.jpeg


画像はバラの家さんからお借りしました。






ピースにはとても素敵な話があるのですが


以前こちらで書いています。


ピース(メイアン)の素敵な話



当時、バラ界でそれまでなかった

素晴らしいバラが作出された、

それがピースなのですが



戦争で作出者のメイアンですら

一時期失ってしまったピースが

アメリカで大切に育成されていて

平和に捧げられたという

とても素晴らしい話なのですが




それまでのバラ界にはなかった

大輪の画期的なバラ ピースが

日本で爆発的人気となり
 

ウィキペディアより。




「当時の大卒銀行員の初任給が

3000円だったのに対してピースは1本で6000-10000円で

発売されたという」



話を思い出しました。





価格だけでいうと

多肉のハオルチアと同じような現象だと思うんですが

長年品種改良を繰り返し

画期的な素晴らしい品種が

出来上がった時にはそういったことが

起こるのかもしれないですね。





ロゼは金額の話より

ピースの歴史の話しが

もちろん好きです。



バラが大好きですもの。




それだけピースは画期的で

人を魅了する素晴らしく美しいバラであり

今でも愛されているバラであるということですね。




ロゼはピースというバラの命名に至る

素晴らしい話がとても好きです。





今年の春の庭です。



玄関ポーチなんですが


bif9.jpeg


画像左にローズピンクの

サントリー ボンザマーガレットを

小さい苗を冬のうちに育てて

春には大きくなったので

飾りました。




濃いローズピンクのボンザマーガレットと

それとはまた違った美しいピンクの

スパニッシュビューティーとの

色の濃淡のコントラストが素敵でした~*







次の春の玄関ポーチが

どうなるかロゼにもわかないです。




昨年の春の玄関ポーチはこんな感じでした。



buru-14.jpeg


画像手前の右の紫のバラは手前ブルーフォーユーと

その奥に夜来香(よるか)を玄関ポーチに置いていました。

ピンクのバラはスパニッシュビューティー





毎年冬の間に偶然見つけた

気に入ったお花の苗を鉢に植えて

お花が鉢いっぱいに大きくなったところで

バラの季節がやってきます。




ずっと育てている宿根草も玄関ポーチに飾ります。




次のバラの季節、

玄関ポーチの花々が

どのようにバラと素敵にコラボしているか

とても楽しみです~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
スポンサーサイト



2016.08.25 / Top↑
TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/923-7a89ccf4