FC2ブログ


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




次女の建築中の家の

キッチン付近です。



kiki1.jpeg



話しの内容とは全然違う画像ですが

次女とよく建築中の家の話や

バラの話をします。




昨日なんですが

次女が


「折り曲げ剪定の夢をみた」 って


言うんです \(◎o◎)/



「バラの家」の折り曲げ剪定の

ブログ記事を見ていたら

夢に出てきたらしいんです。




ロゼはバラの夢を見たことはありません。



ロゼ 「バラの家の折り曲げ剪定の

記事があるの?」



次女 「あったよー」


ロゼ 「そうなんだー」



次女 「プロが綺麗に枝を曲げてくれる

夢を見たよ~」




なんだか優雅な夢で面白い(^^)



次女 「根元から倒してくれる夢だったよ。

実際は太過ぎて絶対曲がらないのに(笑)」


(次女が栽培しているバラは

株元から出ている枝の株元付近は太くなってる)




夢は現実ではできないこともしてくれますね(笑)



ロゼ 「曲げるより爪で折り曲げるのが

効果があるけどね」



次女 「爪で曲げるってどういうこと?」



ロゼ 「ちゃんと繋がってるけど

曲げるじゃなくて折るという感じ」



次女 「なるほど」





ということで

一年以上前にも書いたことがありますが

その時の画像を使って

次女と話した折り曲げ剪定について

書きたいと思います。



syu-toFC.jpeg


つるバラでしています。

画像の枝のように枝を爪で軽く折ります。


(爪で折れない場合もあります。

その時は加減をしながらその部分を

少しずつ曲げていって

画像のように折ります)



この作業をする2~3日前に

苗に液肥をあげておくと効果的です。




折った部分の下の方から

しばらくして画像のように枝が2本出てきました。

この枝は伸びました。





失敗して枝をポキツと折ってしまった場合は

とても残念で

せっかく伸ばした枝を

ポキッと折って壊死させてしまうのは

もったいないですから

株元に近い位置ではなく

枝を増やすという感覚で

枝の長さでいうと

真ん中より上の位置ですると良いと思います。




ポキッと折ってしまっても

折れた下から枝が出てくる場合も

ありますが

出ないこともあります。

確率的なことは何ともいえません。





●この方法は太い枝や硬い枝では

リスクが大きいです。






木立ち仕立てのバラでする場合が

多いと思います。

つる仕立ては折ってしまうと

木立ち仕立てより長い枝を失ってしまいます。




情報として書いていますので

枝がポキッと折れたり新しい枝が出なくても

自己責任で行ってくださいね。





追記:2016年9月1日14時20分



バラの家さんの折り曲げ剪定 

応用編の記事です。




次女からバラの家さんの

記事を読んだと聞いたので

記事を探しました。

リンクを貼りますね。




上記リンクの記事では

折らないで曲げる折り曲げ剪定を

しています。




ロゼも木立ちバラを使って

同じような記事を

一年以上前に書いていますが

バラの家さんはプロなので

そちらの記事にリンクを貼りますね。


追記終わり




ニコル(別名ニコール)の夏花です。


q2.jpeg


愛らしい色合いで咲いてくれました~*




q3.jpeg


かわゆい~*




昨年の春に咲いたお花です。


nikoru3.jpeg


羅倫のグラデーションが

綺麗に入るバラ~*






グリーンアイスの夏花です。


q.jpeg


白やソフトピンクのお花が

房咲きなって咲いていて

かわゆい~*






一昨日アップした

ジェネラシオンジャルダンの色が

やわらかな色になっています。


q1.jpeg


花もちの良いバラ。

左にアニエスシリジェルの蕾が

色づき始めました。




今年の春の庭です。


q4.jpeg


ビサンテネールドゥギヨー




q6.jpeg



ビサンテネールドゥギヨーと

シュネープリンセスのコラボ、

赤と白のコラボも可愛い~*





庭の妖精さんたちの春の画像を見ると

思わず頬がゆるみます~*



最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































関連記事
スポンサーサイト



2016.09.01 / Top↑
TrackBackURL
→http://soramimimoon.blog76.fc2.com/tb.php/931-aa0115be