FC2ブログ




そもそもの出発点から

始まります。 ←今頃?(笑)


gl1.jpg


自宅から鹿児島空港へ向かって

到着。

そう鹿児島から国バラへ

行ったんです。



すごいですよねぇ~

小川宏先生も

半分呆れた ←冗談で

鹿児島からの国バラ。



国バラで

小川宏先生とお話ししました。

可愛いバラ シャルドネ




他の国バラレポート 2018年



自分でもびっくりでした。

こんなに遠いでしょぉ~

国バラのテレビを毎年録画して

見てましたが

一生行くことはないだろうなと

思いながら見ていました。

そう今年もそのつもりでした。




そしたら次女から

「国バラに一緒に行かない?」って

気軽に誘われて

気軽に

「いいねぇ!行こか!」って返事して

簡単に行くことになりました。



一生行くことはないだろうなぁ。

と毎年テレビの向こう側の国バラを

羨ましく眺めていたのが

簡単に行くことになってびっくり。




でもたぶん次女が千葉に

住んでいて

一緒に行こうかという

楽しい誘いがなかったら

行くことはなかったと思います。



まさしくそんな夢の世界へGO-でした。



gl2.jpg


2時間飛行機に乗って

東京に到着。



なぜ東京って書いてるかというと

次女に何もかも任せっぱなしで

到着した空港が成田か羽田か

覚えてない(笑)

乗る時は搭乗手続きがあるから

覚えてたんですよぉ~

とにかく到着したら次女が

空港に迎えにきてくれるからって

すっぱり忘れて

お任せコース。



で、今回はいきなり


gl.jpg


河本バラ園のブースに到着からの

記事です。




次女

「センスいいね!」


ロゼ

「大人な雰囲気で素敵」



gl3.jpg


次女と河本バラ園のブースの

周りをあっちへ行ったり


gl11.jpg


こっちへ来たりウロウロ。




gl5.jpg


こういった演出

お洒落ですよねぇ。





gl8.jpg


やはり真っ先に目についたのは

ガブリエル。


ブースの中央手前にあって

河本バラ園さんの

思い入れを感じました。



gl9.jpg


大人な魅力満載ですもの。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

予約販売12月上旬以降発送 バラ大苗 河本バラ園 ガブリエル
価格:3866円(税込、送料別) (2018/6/10時点)





gl10.jpg


ホワイトのジギタリス

オルラヤ

ブルーのデルフィニウムなどの

草花とバラをコラボさせた植栽も

落ち着いていて

醸し出される

大人の美しさが素敵でした。



gl4.jpg



次女と河本麻記子先生の

クロッシェが

素敵だよねぇという話になって

クロッシェをバシバシ撮影。



gl12.jpg


こちらはクロッシェの咲き始め。

可愛い。



gl13.jpg


クロッシェの全体像です。







gl6.jpg


画像手前中心辺りに

クチュールローズ・チリア。



gl7.jpg


クチュールローズ・チリアは

花びらに切れ込みが入って

ひらひらとした

ニュアンスカラーが素敵なバラ。







gt007.jpg


ブロドリーは

別コーナーと

河本バラ園のブースにいましたが

こちらを載せますね。



美しいニュアンスカラーの

バラでした。




別コーナーにいた

河本バラ園のバラさん。


gt005.jpg



gt006.jpg


コリーヌ ルージュ


落ち着いた赤バラで

魅力的でした。



gl14.jpg


ジャンティーユを見て

可愛い~!と次女とロゼ。

小刻みにフルフルする

花びらに心ときめきました。



gl15.jpg


2018年  新作

ブルームーンストーン



第20回

国際バラとガーデニングショウ2018

新品種発表一覧




二人で河本バラ園のバラを

堪能して満足感。

素敵な気分でした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




























2018.06.12 / Top↑





国際バラとガーデニングショウ

2018の会場に着いたのは

お昼前でした。

ロゼはいきなり

「お弁当食べよ」でした。

次女はそうしようかということで

会場の椅子のある所へGO-!



gp.jpg


お弁当を食べながら

見た景色です。



田舎で暮らしているロゼは

こんな人混みに投げ込まれたのは

初めてで

自分で行ったんですけど(笑)

お弁当を食べながら

呆然としていました。



ロゼは

都会生まれ都会育ちだけど

都会にうとい





次女の自己紹介 少しだけ




鹿児島中心部の様子

都会です。

主人と長女も登場




お弁当を食べ終わり

素敵なバラや景色を見にGO-


gp03.jpg


次女と素敵だねぇ~キラキラ

などとワクワクしながら

さっそく誘引されているバラを撮影。



右側の白バラ


gp02.jpg


シュネーバルツァー


少しクリームがかった

美しい白バラでした。



左側のバラは


gp04.jpg


清楚な白バラ

ボビージェイムス。



gp05.jpg


庭の周りも

白系のクレマチスや

草花で飾られていました。



クレマチスが次女庭にいる

白万重だったので

こうすると可愛いよね、

などと話しながら

可愛いを連発(笑)



gp06.jpg


このコーナーでは

ニュアンスカラーの

バラが素敵!と

次女とロゼ。




gp07.jpg


この茶バラが魅力的で

どうしても品種名を

知りたかったけど

どうしてもわかりませんでした。




gp08.jpg


素敵なシャビーの

コーナーもありました。




gp09.jpg


こちらは大賞のお庭。



ナチュラルで

自然と融合した

シックで大人な

アンティークシャビーの

お庭ですね。



gp001.jpg


ホワイト系と緑で

まとめられていて

こういった組み合わせを

すると大人で落ち着いた

お洒落な庭になりますよね。



そこにワンポイント

シックなブルーが

効いてます。



シャビーは

20年くらい前から

雑誌等でよく紹介されるように

なってから

少しずつシックで大人な感じに

なっていって

その過程をずっと眺めてきましたが


シャビーの前段階として

(シャビーとは違いますが)

素敵だった

クローズされてしまいましたが

自由が丘のトゥワイス

王 由由さんや

こちらもクローズ

されてしまいましたが

マニー。



gp009.jpg

ロゼが持っている

王 由由さんの本。 




アンティークの世界では

シャビーのきっかけに

なるようなお店は

いくつかありましたが

(シャビーとは違いますが

醸し出す雰囲気がです。)

酒井しょうこさんの

マチルド イン ザ ギャレットの

スージークーパー等

上品で素敵で憧れていた頃を

思い出しながら

お庭のコーナーを眺めていました。



その方々の世界は

輝きを放ち今でも憧れです。



マチルド イン ザ ギャレットさんの

ブログ




gp002.jpg


デルバールのブースが

見えてきました。



gp003.jpg


ボルデュールアブリコ




gp006.jpg


こちらも

ボルデュールアブリコ




gp004.jpg

この画像は

バラの家さんから

お借りしました。



ロゼが見たのは

退色する過程の頃の

色でしょうか。

本来はバラの家の

画像のようなお色なのかな。



gp005.jpg


エドゥアール マネ


美しい絞りのバラでした。





デルバールのバラは

素敵なお花のバラがいっぱい

なのですが

特にステムがどうなのか

完璧を求めるわけでは

ないですが

新作発表されて販売されてから

しばらく様子を見て判断するのが

いいのではないかな、と

経験上個人的にはそう思います。

(ステムが普通のバラもいます。)




庭に配置する時

多少ステムが長くても

そこに向いているバラも

ありますし

そこは個々人で違うと思いますが

その点きついバラがありますし。



そしてデルバールのブースを出て


gp007.jpg




gp008.jpg


シャビーで大人可愛い

コーナーなどを見て

真剣な眼差し&ワクワクしながら

次女と歩くロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。























2018.05.31 / Top↑