FC2ブログ



こんばんは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)


今日は今年の春に咲いた

バラ ヴァリエガタディボローニャ

(ロザリアンの通称イチゴミルク・笑)を

ご紹介したいと思います。



o-2.jpeg


どうでっしゃろか~

とっても可愛いでしょ~*

なのにこともあろうに今年の冬に2度も移植されたこの子。

ロゼは今までにそんなこと一度もしたことがありません。

一度目の移植、

これはヴァリエガタディボローニャを

少しでも日当たりの良い場所にと

移植しました。

パーゴラ設置場所にいたということもありますが

それまでは日照3時間以下の場所にいました。



isyoku3.jpeg

移植途中の画像です。




移植後は日照5時間くらいの場所に。



isyoku8.jpeg





二度目の移植は庭をあれこれいじっていたら

突然ベストポジションが現れたんです。


垣根を数本引っこ抜いたり

木製の格子のトレリスを鉄製のに変えたりしてたら

日当たりが超悪い場所から日照7時間の場所に

激変した場所が突然出来て

そこがまたヴァリエガタディボローニャに

ぴったりの場所だったんです。




絞りのバラって他のバラと合わせるのが私的に苦手で

とっても良い場所が出来てワーイ♪. ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪. って

感じだったんだけど

まてよ!!!

ひと冬に二度もの移植!!

大丈夫!?



だけどもう止まりませんでした。

掘り起こしたらもう素敵な白根が出てて

ヤバッ\((;◎_◎)/




だけどホラ~ッ、こんないい場所なんだものぉ~

冷や汗ものだったけど素敵な白根は見なかった事にして

移植完了。



boro3.jpeg


はぁ~、でもこんな無茶なことしたの初めてですよぉ~

なので新芽が出てくるまで心配だったんですけど

見事、素晴らしい新芽を出してくれて

ひとまず安心しました。



vari1.jpeg



だけど今まで日照の悪い場所にいたし

2度も移植したでしょぉ~

だから情報では

比較的花つきの良いヴァリエガタディボローニャだけど

元気でありさえすればいいという感じで

春のお花は期待してなかったけどお花自体は綺麗でした。

花つきは普通より少し悪かったかな。

たぶん20輪くらいは咲きました^^




ロザリアンの愛称:イチゴミルク(笑)

ロザリアンの皆さんから愛称をつけられる

バラってそういないと思うんですよ~

さすが、人気のオールドローズですよね。


ob2.jpeg


他に愛称のあるバラってあるかな?って

今考えてみたけど思い当たらないと思っていたら

バラ友が言った『ろくろっ首ナエマ』が思い浮かんじゃって(笑)

以前の私の記事ですがリンクを貼ってますので

ご興味がある方はどうぞ。

タイトルは面白いけど真面目な記事です。



ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑) 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~




なんだかいつもと違ってとても雄弁な私ですが

お酒は飲んでません。

アルコールはアレルギーなんで飲めないんです。


ob3.jpeg




この可愛らしさを見て

この子が多くのロザリアンに愛される理由が

分かりますよね~*


o-5.jpeg


バラ ヴァリエガタディボローニャ

   (バァリエガタディボローニャ)


作出国:イタリア

作出者:Gaetano Bonfiglioli & figlio.、Lodi

作出年:1909年

オールドローズ ブルボン

花色:白地にローズピンクの絞り

ロザリアン様たちの表現 いちごミルク

花形:カップ咲き

花径: 中輪

樹高:2m
 
樹形:半横張りのつる性 

強香 
 
開花性:一季咲き

樹勢   普通

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通


耐害虫性  普通



まずボーリングしない。

しなやかな枝で誘引しやすい。

育てやすいと思います。
 


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村








*~楽天で ヴァリエガタディボローニャを

お探しの方はこちらから ~*





















2015.10.04 / Top↑



こんばんは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)


今日は今年の春に咲いた

バラ ヴァリエガタディボローニャ

(ロザリアンの通称イチゴミルク・笑)を

ご紹介したいと思います。



o-2.jpeg


どうでっしゃろか~

とっても可愛いでしょ~*

なのにこともあろうに今年の冬に2度も移植されたこの子。

ロゼは今までにそんなこと一度もしたことがありません。

一度目の移植、

これはヴァリエガタディボローニャを

少しでも日当たりの良い場所にと

移植しました。

パーゴラ設置場所にいたということもありますが

それまでは日照3時間以下の場所にいました。



isyoku3.jpeg

移植途中の画像です。




移植後は日照5時間くらいの場所に。



isyoku8.jpeg





二度目の移植は庭をあれこれいじっていたら

突然ベストポジションが現れたんです。


垣根を数本引っこ抜いたり

木製の格子のトレリスを鉄製のに変えたりしてたら

日当たりが超悪い場所から日照7時間の場所に

激変した場所が突然出来て

そこがまたヴァリエガタディボローニャに

ぴったりの場所だったんです。




絞りのバラって他のバラと合わせるのが私的に苦手で

とっても良い場所が出来てワーイ♪. ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪. って

感じだったんだけど

まてよ!!!

ひと冬に二度もの移植!!

大丈夫!?



だけどもう止まりませんでした。

掘り起こしたらもう素敵な白根が出てて

ヤバッ\((;◎_◎)/




だけどホラ~ッ、こんないい場所なんだものぉ~

冷や汗ものだったけど素敵な白根は見なかった事にして

移植完了。



boro3.jpeg


はぁ~、でもこんな無茶なことしたの初めてですよぉ~

なので新芽が出てくるまで心配だったんですけど

見事、素晴らしい新芽を出してくれて

ひとまず安心しました。



vari1.jpeg



だけど今まで日照の悪い場所にいたし

2度も移植したでしょぉ~

だから情報では

比較的花つきの良いヴァリエガタディボローニャだけど

元気でありさえすればいいという感じで

春のお花は期待してなかったけどお花自体は綺麗でした。

花つきは普通より少し悪かったかな。

たぶん20輪くらいは咲きました^^




ロザリアンの愛称:イチゴミルク(笑)

ロザリアンの皆さんから愛称をつけられる

バラってそういないと思うんですよ~

さすが、人気のオールドローズですよね。


ob2.jpeg


他に愛称のあるバラってあるかな?って

今考えてみたけど思い当たらないと思っていたら

バラ友が言った『ろくろっ首ナエマ』が思い浮かんじゃって(笑)

以前の私の記事ですがリンクを貼ってますので

ご興味がある方はどうぞ。

タイトルは面白いけど真面目な記事です。



ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑) 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~




なんだかいつもと違ってとても雄弁な私ですが

お酒は飲んでません。

アルコールはアレルギーなんで飲めないんです。


ob3.jpeg




この可愛らしさを見て

この子が多くのロザリアンに愛される理由が

分かりますよね~*


o-5.jpeg


バラ ヴァリエガタディボローニャ

   (バァリエガタディボローニャ)


作出国:イタリア

作出者:Gaetano Bonfiglioli & figlio.、Lodi

作出年:1909年

オールドローズ ブルボン

花色:白地にローズピンクの絞り

ロザリアン様たちの表現 いちごミルク

花形:カップ咲き

花径: 中輪

樹高:2m
 
樹形:半横張りのつる性 

強香 
 
開花性:一季咲き

樹勢   普通

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通


耐害虫性  普通



まずボーリングしない。

しなやかな枝で誘引しやすい。

育てやすいと思います。
 


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村








*~楽天で ヴァリエガタディボローニャを

お探しの方はこちらから ~*





















2015.10.04 / Top↑